面接練習は一人でしない

企業に履歴書や職務経歴書を送付したということは、書類選考や筆記試験、面接を受けることになります。

企業のことを調べてから面接を受ける

面接練習は一人でしない
企業に履歴書や職務経歴書を送付したということは、書類選考や筆記試験、面接を受けることになります。面接の段階まで進めば、採用まであと一歩なので、面接では最大限に自分をアピールすることが求められます。アピールする際に大切なことは、面接官の質問に的確返答をすることです。面接は書類選考や筆記試験とは異なり、面接官と向き合う形になります。ですから、緊張してしまうことで、普段よりも頭が回らない状態になってしまうことはあり得ます。しかし、採用されるためには面接をクリアする必要があります。

面接で緊張してしまうのは、面接官側もある程度は想定しています。しかし、緊張し過ぎたからといって、質問に対して応募者が的外れな返答をしてしまうと、応募者の魅力が十分に分からない場合があります。全く緊張感が無いよりは、程良い緊張感を持っていた方が集中力は増すため、質問に対して的確に返答することができるようになります。面接で程良い緊張感をキープするためには、場慣れするのが良い方法です。場慣れするためには、実際に企業の選考を受けること、就職や転職希望者のサポートを実施している企業や機関にて、模擬面接を受けてみることなどの方法があります。


Copyright(c) 2017 面接練習は一人でしない All Rights Reserved.